Podcastヒットの秘訣 vol.2 オープニングにハイライトは必要?

Podcastヒットの秘訣 vol.2 オープニングにハイライトは必要?

PitPaでは、Podcast番組制作のサポートを行っております。

収録・編集などの技術的なサポートはもちろん、精緻な分析やマーケティングによる、人気番組になるまでのグロースサポートも実施。国内外の事例を参照し、実際に自社番組でテストした最適な手法で、人気番組の制作をお手伝いします。

こちらのブログでは、自社制作番組で実際にテストした事例と、その結果によって見いだしたPodcast制作で大切にすべき考え方についてご紹介してまいります。今回は、番組開始後すぐの離脱を防ぐ番組作りについて記載しています。

===========
検証番組:気になる特殊職業の世界

===========

Podcast配信の結果を分析してみると、気になるのが “開始5分での離脱”。番組を聞くリスナーが最初に離脱するポイントです。この5分の壁を乗り越えれば再生完了率は大きく改善します。

様々な番組を無料で自由に聞ける現代では、試し聞きをしたリスナーを惹き付ける最初の数分が重要。実際に、YouTubeなどでは、最初にハイライトを見せている動画も多く見られます。しかし、PodcastでもYouTubeと同様にこのハイライトは必要なのでしょうか?

ハイライトよりも、さらに短い引き込む工夫を

スーツアクターや散歩屋、ストリッパーや熱波師など、一風変わった職業に就いて働く人達にインタビューした内容を2週にわたって配信する『気になる特殊職業の世界』。今回はこの番組を活用して、番組冒頭数分の内容の重要性について検証しました。

▲冒頭ハイライトがあった回の1~5分完了率 平均85%

▲冒頭ハイライトを削った回の1~5分完了率 平均91%

結果、冒頭のハイライトを削除した回の方が、番組の継続再生率が高いことがわかりました。ハイライトに変わっていれたのが、リスナーが興味のありそうなトピックについての会話。Podcastをはじめて”試し聞き”する人は、最初の1分で番組の内容を把握していることがわかっています。

小さな差異が1~5分再生完了率を5%以上変えるほど、冒頭数分の内容は重要です。

リスナーは、新しい番組を聞く際、タイトルとアートワーク、そして詳細を見て番組を聞き始めます。だからこそ、そういったリスナーが「次の1分も聞こう」と思わせる構成にすることが大切です。

次回以降の『Podcastヒットの秘訣』では、”冒頭5分の壁”を乗り越える番組構成の工夫についてもご紹介します。


PitPaへのお問い合わせ

PitPaでは企業様・個人事業主様向けにポッドキャスト番組の制作の他、番組のマーケティング配信に関するシステム開発などをお手伝いさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。